ふんわりサラダリーフ

ベビーリーフとレタスが一緒になりました


サラダリーフ

私たちの夢

農産物を扱っているとトマトやナス、カボチャやサツマイモなど 「おっ、これは美味しい」という商品に出会うことができます。 しかし、めったに出会うことができないのが美味しいサラダ用のリーフ 世界的に見ても美味しい野菜を栽培している日本ですが サラダ用リーフに関してはまだ発展途上状態。 むしろ後退しているのではないかと思っています。 「いつかはサラダ用野菜を極めたい!」と温めてきた夢がついに形になりました。

サラダリーフ

食べごごちが最高

サラダ用の葉物は柔らかすぎても、硬すぎてもダメ。 「細胞が密で舌にまとわりつくような滑らかさ レタスの風味が良く、ベビーリーフが食感と味のアクセントに。 食べた後清々しく、ジューシーだけど水っぽくない。」 そんなサラダ用のリーフを目指して商品化しました。

ふんわりサラダリーフ

メインは「バターレタス」

レタスは大きく分類を分けると「丸レタス」「リーフレタス」 「コスレタス」「バターレタス」の4つに分類分けされ、 日本で最もなじみの薄い「バターレタス」が サラダで最もおいしいレタスと言われています。 このバターレタスでも美味しさにこだわり品種を厳選 海外から直接輸入している国内流通のない品種です。



ふんわりサラダリーフ

「門外不出の種」

実はレタスをベースにしたベビーリーフは難しいです。
一般的なレタスはベビー状態では葉が薄く、食感がないためです。
小さい状態で葉が厚く、味のある柔らかい品種を探すのは大変な作業で失敗の連続でした。
やっと探し出したのがこのバター系のレタス。
しかし、この種はスプーン1杯で数千円する非常に高価な物でした。
ベビーリーフ栽培ではとても使える価格ではありませんが、
自分たちの妥協のない最高のサラダリーフを目指したいという想いで、この品種を栽培しています。